勃起障害でお悩みのあなた、今までつらいその悩みをたった1人で抱えていましたよね。もう悩まないで、勃起障害の原因や治療法について当サイトで詳しくご紹介いたします。さあ、確実に勃起障害を治していきましょう!

勃起障害と戦う男性

性的興奮で勃起しない時は勃起障害?迷わず泌尿器科へ

日本は、ストレスが多い社会であることも影響して、ストレスによる心の病気が増えています。
男性の場合、ストレスが原因の勃起障害に悩む人も少なくないです。
勃起障害というのは、性交時に勃起しなかったり、十分な勃起を維持できない状態です。
勃起は、性的な興奮を感じた時に、血管と神経が正常に働くことによって起こります。
しかし、何らかの原因で血管と神経の働きが妨げられると、勃起障害になることがあるのです。
勃起障害の治療は、病院の泌尿器科で行ないます。
まず、問診によって、勃起障害の分類をします。
問診だけでなく、聴診、血圧測定、尿検査なども行ないます。
そして、異常がなければ薬による治療を始めます。
勃起障害の治療薬には、一般的にPDE5阻害薬が使われます。
PDE5阻害薬は3種類あり、患者に適したPDE5阻害薬を選択することになります。
勃起障害の原因が糖尿病や高血圧だと判明した場合は、内科で適切な治療を受けることになります。
同時に、生活習慣の指導が行なわれるケースもあります。
男性ホルモンが減少している場合は、男性ホルモンを補う治療を行ないます。
若い世代では、心因性の勃起障害も多いのですが、心因性の場合は、PDE5阻害薬の服用だけでなく、心理療法が必要な場合もあります。
ストレスで男性機能が低下することは、よくあることです。
なるべくストレスを溜めないようにして、バランスの取れた栄養と睡眠を摂ることは、とても大事です。
とくに睡眠は、体の細胞を修復して1日の疲れを取るために大切なものなので、睡眠不足にならないように気を付ける必要があります。
また、適度な運動は、血液の循環が良くなるので、肥満の予防だけでなく、男性機能の改善も期待できます。